読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

FukaYomiEiga深読み考察 -考察を読んで、もっと楽しむ映画ライフ-

映画の感想・考察。独自考察で深くあなたを思考の迷宮へいざないます。眠れない夜の読み物に。

スターウォーズ フォースの覚醒『R2-D2が最後にスリープ状態から起動したワケ。』ネタバレ注意!深読み考察。

FukaYomiEigaのPonyです。Pony (@FukaYomiEiga) | Twitter

スターウォーズ エピソード7フォースの覚醒のネタバレ記事です。

未見の方はご注意ください。

R2-D2がスリープ状態から復帰したワケ

 

終盤、スリープ状態からR2-D2が復帰します。

ずいぶん都合のいいタイミングだなあと感じた方もいらっしゃると思いますが、

たしかに何故あのタイミングだったのでしょう?

個人的にすこし残念だったのが、今回はドロイドの活躍があまりなかったこと。

BB-8は可愛らしいドロイドでしたが、R2ーD2のような活躍はなく、

少し消化不良な気がしてしまいました。

ただ、最後にルークのいる星に同行したのがBB-8ではなく、R2-D2だったのでエピソード8ではR2ーD2の活躍に期待してもいいはずです!

 

①そもそもなぜR2-D2はスリープ状態に入らなければいけなかったのか。

それもあんなボロキレをかけて置いておくだなんて、まったくドロイドへの愛が足りないとしか言えません(笑)

スリープ状態にしておかなければいけなかったのはレジスタンスとルークが必ずしも志を共にしているわけではないということではないでしょうか?ルークがファーストオーダーだけでなくレジスタンスをも信用してないことの表れだも言えます。

レイアやハンにも行先を告げることなく失踪したルーク。

目的が同じであれば、レジスタンスと行動を共にしてもいいわけですし、

命懸けで探していた地図が完成したというのにレジスタンスはレイとチューバッカに向かわせて自分たちは同行していません。なにかしらの軋轢を感じてしまいます

レジスタンスにはファーストオーダーのスパイがいる可能性が微レ存?

 

もしスパイがいるとなると、

ケン・レオン演じるスタトゥラ提督

グレッグ・グランバーグ演じるスナップ・ウェクスリー

あたりが怪しいわけです。彼らはJJエイブラムス監督のお気にいり。JJ作品の常連です。これに関しては完全に勘ですがw 

 

②では何故あのタイミングだったのか。

 

R2ーD2が起動する前に起きた大きな出来事というと

・スターキラー基地が消滅した後

・ハンソロが死んだ後

・レイがフォースに覚醒した後

そのうちのなにかがトリガーとなって復帰したと考えるのが妥当です。

いずれにしてもスリープ状態のドロイドが認識できるようなことではないように思えます。

 

 また、復帰したR2ーD2はルークを見つけたと話します。

ということはスリープ状態でルークを探していたということですね…

R2さん、それってスリープ状態って言えるんですか?????(笑)

 

③R2-D2はBB-8や他のドロイドを遠隔操作してた?

要は、BB8など他のドロイドを遠隔操作することでスリープ状態でもルークを探すことができた。そんな説です。

むしろそのためにスリープ状態に入らざるを得なかったと考えるといくつかの疑問点も解決するような気がします。

 

なんにせよルークはR2ーD2にも居場所を教えなかった…

ますます謎が深まるばかりです。。。 

↓↓もっとスターウォーズ考察を読む↓↓

スターウォーズ考察カテゴリへ

 

トップへ戻る

この記事は転載禁止です。