読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

FukaYomiEiga深読み考察 -考察を読んで、もっと楽しむ映画ライフ-

映画の感想・考察。独自考察で深くあなたを思考の迷宮へいざないます。眠れない夜の読み物に。

スターウォーズ フォースの覚醒『何故タトゥイーンではなくジャクーだったのか?』ネタバレ注意!深読み考察。

FukaYomiEigaのPonyです。Pony (@FukaYomiEiga) | Twitter

スターウォーズ エピソード7 フォースの覚醒のネタバレ記事です。

未見の方はご注意ください。

今作での舞台をタトゥイーンではなくジャクーにした理由

 

ジャクーはどんな星?

 スターウォーズ銀河の中でウエスタン・リーチに位置する辺境の砂漠の星ジャクーは舞台設定上、エンドアの戦い(エピソード6)から1年後、新共和国と銀河帝国の激しい戦闘「ジャクーの戦い」があった星とされています。ジャクーにある戦艦スターデストロイヤーやXウイング等の残骸はその名残なわけですね。

同じ砂漠の星を舞台にするならタトゥイーンでいいんじゃないか?という疑問を持たれた方もいらっしゃるのではないでしょうか。

今作では過去の6作品で登場した惑星は登場していませんこれは製作側の意図的なものを多少感じますね。

ただ、わずかながらタトゥイーンとジャクーの間には繋がりがあります。

それはハット族の影響下にある惑星だということ。

今作でフィンがレイと初めて出会う集落ニーマ・アウトポスト。(フィンが大型の生き物と一緒に汚水をがぶ飲みしてたトコですねw) あの場所の設立者はニーマザハットという女性のハット族だということが判明しています。

ちなみにstar wars force awakens the visual dictionaryという図鑑に上記のニーマアウトポスト等、今作の詳細設定が掲載されているようです。こちらもアマゾンで購入可能なようですが、来月渡米の予定がありますので、現地で購入してくる予定です。

舞台をジャクーとする必要性。

タトゥイーンを再登場させるのはさすがに食傷気味だったとか、バトルフロント等のゲームの新しい舞台が必要だった等の大人の事情はさておき(笑)、

なによりも舞台がタトゥイーンだとまずいのです。ファーストオーダーがルークの行方を追う上で、彼の故郷タトゥイーンの探索はまず第一にされるであろう場所です。そんな場所でロアサンテッカはルークへの手がかりを持って隠匿するメリットが全くないんですね。

また、エピソード8以降でレイと家族の別れの理由次第ではジャクーである必要性がもっとわかってくる可能性も考えられますね。

↓↓もっとスターウォーズ考察を読む↓↓

スターウォーズ考察カテゴリへ

 

トップへ戻る

この記事は転載禁止です。