読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

FukaYomiEiga深読み考察 -考察を読んで、もっと楽しむ映画ライフ-

映画の感想・考察。独自考察で深くあなたを思考の迷宮へいざないます。眠れない夜の読み物に。

スターウォーズ フォースの覚醒『ケッセルランを14パーセク以下ってどういうこと?』ネタバレ注意!深読み考察。

スターウォーズ

FukaYomiEigaのPonyです。Pony (@FukaYomiEiga) | Twitter

 スターウォーズ エピソード7 フォースの覚醒のネタバレ記事です。

未見の方はご注意ください。

ケッセルランを14パーセク以下ってどういうこと?

 

 今回は短めの記事になります。

 

スターウォーズファンならもちろんご存じ

「ケッセルランを12パーセクで飛ぶ」

 ですが、一体パーセクってなんなの?

って思われた方も多いのではないでしょうか。

レイが14パーセクと勘違いして覚えており、ハンソロ曰く12パーセクというこの単位、実は距離をさす単位。実際に天文学で用いられている用語なんです。

1パーセクは約3.26光年を指しており、wikipediaによると

”名称は「per sec (毎秒) 」の意味と説明されることがあるが、これは誤りである。正しくは、「parallax(視差)」と「second (秒) 」を組み合わせてできたものである。”

だそうなんです。

詳しいことは専門家にお任せしましょうって感じの領域なんですが、

作中でパーセクを距離として捉えるのか速度として捉えるのかは明らかにはされていません。ただ、速度として捉えると14パーセクに対して12パーセクだと主張するハンソロが速い速度で覚えられてるのを遅い速度に訂正してるようにも見えません。そのため素直に距離として捉えるとなると「ケッセルランという高難易度なコースを通常14パーセク以上の距離があるルートを通過するところ12パーセクという短いルートで飛んだ」という捉え方が比較的すんなりくる考え方かと思われます。

まあこれに関してはハッキリとさせなくて全然大丈夫な問題なので今後も特に明らかにはされないでしょう。というか別に明らかにしなくて大丈夫ですねww

↓↓もっとスターウォーズ考察を読む↓↓

スターウォーズ考察カテゴリへ

 

トップへ戻る

この記事は転載禁止です。