読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

FukaYomiEiga深読み考察 -考察を読んで、もっと楽しむ映画ライフ-

映画の感想・考察。独自考察で深くあなたを思考の迷宮へいざないます。眠れない夜の読み物に。

【読者様寄稿】スターウォーズフォースの覚醒『レイはアナキンの生まれ変わり!?』ネタバレ注意。

FukaYomiEigaのPonyです。Pony (@FukaYomiEiga) | Twitter

コメント欄に読者様から非常に興味深い考察の投稿があったため、紹介させて頂きます。読者様の考察に触れることが出来るのがこういうサイトを運営している楽しみの一つでもあります。

以下そーた様の考察をブログ用に少しデザインさせて頂きました。

各項の最後に※でPonyなりの見解を足させて頂いております。

レイはアナキンの生まれ変わりなのでは?

 

ちょっとトンデモな説のように聞こえますが僕は信憑性があると思うんです。 実は海外のサイトでは同じような説を唱えてる方々がおり、「Rey Anakin rebirth」なんかで検索すればヒットすると思います。 では、肝心の根拠を以下に列挙します。

①能力の覚醒スピード及びその能力のアナキンとの類似性

②ライトセーバーに触れたときに見たビジョン

③EP1~6の物語の根幹がアナキンスカイウォーカーの歴史であること

④『フォースにバランスをもたらす』は未だに実現されていない

⑤レイのテーマと帝国のマーチ及びアナキンのテーマとの類似性

⑥「Rey」という名前に隠されたメッセージ 

 

能力の覚醒スピード及びその能力のアナキンとの類似性

レイのフォースの体得スピードがアナキンやルークより速すぎて、そのためにエピソード7を低評価するレビューが散見されます。僕も初見ではそれを感じましたし、ただ単にレイの能力がピカ一ってだけでは納得いかない展開でした。

でも、もしレイがアナキンの生まれ変わりであればあの能力の高さに納得がいくんではないでしょうか。 また、レイに元々備わっている能力はことごとくアナキンのそれを彷彿とさせます。 メカニックに強く、破格の操縦技術をもち、多言語への理解がある。 アナキンとの類似性は無視できないポイントと考えます。

※このレイの覚醒スピードやアナキンとの共通点が「スカイウォーカーの血筋ではないか?」というルークの娘説を唱える方達の考察の根幹になっていると考えられます。そこをあえてアナキンの"生まれ変わり"とする説は面白いです。生まれ変わりと考えるとEP6で死亡したアナキンの身体から離れ出たミディクロリアンをレイがなんらかの理由で受け継いだと考えてみてもいいかもしれませんね。

 

ライトセーバーに触れた時に見たビジョン

レイがセーバーに触れた際の描写。今までのスターウォーズにはなかったシーンの様に感じました。(強いて言えば帝国の逆襲でのダコバの洞窟でルークが体験した幻覚のシーンでしょうか) 今回の幻覚シーンをライトセーバーがレイを導いたと言う風に見ると、かなりファンタジックな展開でスターウォーズの世界観にはそぐわないと感じます。

あのシーンはセーバーが元々の持ち主であるレイ=アナキンに戻って、それにより過去の記憶が呼び覚まされたと見るべきなんじゃないでしょうか。だから一番最初にヴェイダーの呼吸音、すなわち自身が一番鮮烈に記憶しているはずのあの音が最初に呼び覚まされたのではないでしょうか。

※確かに”ライトセーバー”が導いたと見るのはファンタジックすぎて私もあんまり好きじゃありませんwwただ、この意見を頂いて思いついたのが、レイがビジョンを見たのはフォースの力でセーバーをサイコメトリングした可能性が微レ存かな?と思いました。どちらかと言うとセーバーに触れたことで、ビジョンを”見せられた”と思いがちですが、もしかしたら無意識のサイコメトリングでビジョンを自ら”見た”のかもしれません。

ルーク・スカイウォーカーEPIV ライトセイバーSE マーク・ハミル直筆サインVer.

EP1~6の物語の根幹がアナキンスカイウォーカーの歴史であること

今回のエピソード7の脚本にルーカスは一切関与していません。しかし、あくまでスターウォーズはルーカスに起源があります。そして今回の新シリーズは既存のエピソードともちろん繋がっているし、それらを新たに解釈し直した作品群になるはずです。すなわち、アナキンのダークサイドへの転落からジェダイへの帰還、そしてその後が描かれるはずです。 ただ単にカイロ·レンが信奉するという描写では余りにもアナキンの存在が希薄になりすぎます。

※EP1~6をアナキンの物語と見るとEP7では確かにアナキンの存在が希薄ですね。6部作構成だと思わされていたころはアナキンの物語で完結していると考えるとしっくりきてたんですけどね。。。EP1~6まで全てに登場しているのはアナキン、R2-D2、C-3POの3キャラクターですからね。皆勤賞候補から離脱したアナキンに皆勤賞を取らせるとなるとレイ=アナキンぐらいの強引さがないと難しいかもしれませんねw

④『フォースにバランスをもたらす』は未だに実現されていない

上記の続きの内容でもあるんですが、エピソード1でアナキンはフォースにバランスをもたらす存在と言われました。フォースにバランスをもたらすとは具体的に何なのかは語られてませんが、エピソード6でのジェダイへの回帰がそれとは考えづらい。そもそもエピソード7の世界でもフォースにバランスがもたらされている気配は無いわけですし、アナキンは最大の目的を達成する前に死んでしまいました。だからこそ今回の新シリーズでアナキンは生まれ変わりとして復活しフォースにバランスをもたらすのではないか、すなわちレイがアナキンの役目を担うのではないかと推測できるのです。

※「フォースにバランスをもたらす」これは本当に悩ましいですよね。結局バランスとはなんなのか?そもそも誰の予言なのか?そこらへんもはっきりしてませんからね。。

そこらへんの答えを出せる、いや出していいのはルーカスだけな気もしますし。ルーカスの原案がディズニーに却下されている以上バランスについて語られることはないかもしれません(泣)

レイのテーマと帝国のマーチ及びアナキンのテーマとの類似性

海外のサイトで比較動画が出ていますが、その動画によるとレイのテーマと帝国のマーチ、アナキンのテーマとの類似性が指摘されてます。ただ、この動画でのレイのテーマはサントラとは異なる曲でレイのテーマではありません。 僕が独自に感じた実際のレイのテーマとの類似性は以下です。 1 レイのテーマの冒頭の出だしが帝国のマーチのアクセントや雰囲気に似ている。 2 レイのテーマのメイン部分がアナキンのテーマのアクセントや雰囲気にどことなく似ている。 どれも巧妙に隠されている感じなんですが一度そう思いだしてしまうとそうとしか聞こえなくなります。特に帝国のマーチを匂わせている感がプンプンします。 スターウォーズが他の映画と最大に異なる点は音楽の用いられ方です。だからこそ、深読みしてもし過ぎることはなく、逆にそんな深読みをしてしまうほどの作曲ができてしまうジョン·ウィリアムズの凄さを単純に感じてしまいます。

※私はコレ全然気づかなかったですww確かにYoutubeで"Rey theme Imperial march"とか検索すると色々比較検証動画が出てきますね。音楽から考察する切り口が自分の頭にはなかったのですごく新鮮です。

⑥「Rey」という名前に隠されたメッセージ 

ジェダイは時代劇からとったという有名なうわさがありますが、キャラ名にも由来があってそれがあまりにも核心をついている場合がいくつかあります。「ヴェイダー」は「ダーク·ファーザー」を文字ったというものや、「パドメ」は「蓮」、「アミダラ」は「阿弥陀」とどちらも仏教関係の言葉から取っているというもの。どちらの由来もネタバレもいいとこですね。この流れからスターウォーズのキャラには何か核心に触れる秘密が隠されている場合があると考えられます。レイと英語で表記する場合、「Ray」でも「Ley」でもよかったわけです。でも「Rey」なんです。そして「Re」には接頭語として、「再び」というニュアンスが込められています。 ですからレイの名前にも再びなにかが起こるという意味が込められているのではないかと思えてしまいます。ただ、カイロレンのレンも「Ren」であり同じことが言えます。カイロレン率いるレン騎士団自体がなにか「再び」という言葉を意味する存在なのではないかと考えられますし、レイとの関連性も推測できます。僕はこの「再び」が「reincarnation」すなわち「輪廻」なのではと考えました。そしてちょっと強引ですが「reincarnation」の最初の3文字がレイと読めるのも偶然でしょうか?

※深いですねええ!レンとレイの名前が近いせいでスターウォーズ関連の考察ページを読んでると混乱したりするんですよねwあえて近い名前にする必要はないので名前には何か隠されている可能性がありそうです。

 

以上レイはアナキンの生まれ変わりなんでないかという僕なりの解釈でした。 もし、レイがアナキンの生まれ変わりであるなら、今後ルークは自分の父親の生まれ変わりをジェダイとして鍛える訳ですし、またカイロレンにとっても自分が信奉しているヴェイダーが甦っているわけで、なんとも面白い展開だと思います。

また、将来エピソード9まで作られたときに、スターウォーズとはアナキンの出生(実際は描かれていないが、これから語られる可能性が大いにある)から死、そして復活から贖罪という壮大なストーリーとなるんではないでしょうか。 これはまさしく神話であり、数百年後に本当に神話として語り継がれる存在であると僕は想像を膨らませてしまいました。

追伸:レイがライトセーバーに触れたときに見えた幻覚のなかにオビワンとヨーダの声が使われているとの情報があります。 オビワン役のユアン·マクレガーやヨーダの声のフランク·オズがわざわざフォースの覚醒のために声の録音をしたようです。(ヨーダの声は結局劇中から使い回したようですが)ここから言えることとして、レイはオビワンやヨーダと何らかの関係がある存在と言えないでしょうか? それイコール、アナキンとまでは言えませんがルークよりもアナキンに対する思いのほうがあのお二方は強いと思いますし、レイがアナキンの生まれ変わりならば、なおさらあの二人が熱い思いを影ながら抱いておいででしょう。

 ※以上そーた様の想いが伝わってくる熱い考察でした。確かにオビワンやヨーダはアナキンへの強い想いがありますよね。きっと育て方さえ間違えなければ!という親にも似た感情を持っていたのではないでしょうか?今作でのハンソロがレンに対して抱いた感情も似たものかもしれませんね。読者様の考察に触れることが出来て非常に楽しかったです。最後に記事化を快く了承してくださったそーた様に感謝!

 

トップへ戻る

この記事の無断転載は禁止します。