読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

FukaYomiEiga深読み考察 -考察を読んで、もっと楽しむ映画ライフ-

映画の感想・考察。独自考察で深くあなたを思考の迷宮へいざないます。眠れない夜の読み物に。

スターウォーズ エピソード8の日本公開日が全世界公開より1ヶ月以上遅れることが判明

ニュース

FukaYomiEigaのPonyです。Pony (@FukaYomiEiga) | Twitter

現在絶賛公開中の「スターウォーズエピソード7フォースの覚醒」の続編にあたる「スターウォーズエピソード8」の日本公開日が2017年7月1日に対して全世界公開日5月26日1ヶ月以上遅れての公開であることが判明。
なぜ、そのような事態になってしまうでしょうか。
簡単に言うと
-建前)翻訳制作に時間がかかるらしい
-本音)公開のタイミングの問題とみられている
-まだ変更される可能性もある???


 


理由は何??
ご存知の方も多いと思いますがそもそも字幕や吹き替えなどの翻訳制作の時間を要するという理由により洋画の日本公開は遅れると言われています。
確かに、スターウォーズの翻訳は独特の世界観ゆえに時間がかかるのもわかる気がします。
ただ、エピソード8の公開遅れの理由はまだハッキリとはしていませんが、字幕翻訳に時間を要するためという建前はエピソード7を世界同時公開が出来ている時点でおかしい理論なのは明白です。

本当の理由は?
このタイムラグを設ける決定をしたのがアメリカ側の意向なのか日本側の意向なのかはわかりませんが、
おそらく公開日と興行収入の相関関係が理由となっているのではないかとみられています。
今回のエピソード7は全世界公開日が日本の冬休みとたまたま重なったためにそのままの日程で公開されましたが、5月26日ですと夏休み期に合わないため、興行収入を上げるためにずらしたのではないかとみられている。
これが、アメリカ側日本側どちらの意向にせよ、ファンとしては迷惑極まりない思いです。

まだ変更される可能性はあるのか?
エピソード8の公開日まではあと1年半あるため、制作自体の遅れが公開日に影響する可能性は0ではありません。
全世界の公開日が後ろにずれれば日本でも同時公開の可能性が浮上してくるのではないかと思います。
また、もしかしたら日本のファンによる公開日変更の嘆願の大規模な活動とかがあれば少しは影響するかもしれません。
なにせ興行側からすると日本での興行収入はバカにできないはず。あまりファンを怒らせるのも得策ではないはずです。
いずれにせよ1ヶ月以上遅れることによってネタバレの危険性が急上昇してしまいます。なので2017年5月26日から日本公開日まではGoogleChromeのフォースブロックの導入が必要不可欠となりますね。
↓↓もっとスターウォーズ考察を読む↓↓

スターウォーズ考察カテゴリへ

 



トップへ戻る

この記事は転載禁止です。