読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

FukaYomiEiga深読み考察 -考察を読んで、もっと楽しむ映画ライフ-

映画の感想・考察。独自考察で深くあなたを思考の迷宮へいざないます。眠れない夜の読み物に。

スターウォーズ フォースの覚醒『なぜマズカナタは伝説のライトセーバーを持っていたのか。』ネタバレ注意!深読み考察。

スターウォーズ

FukaYomiEigaのPonyです。Pony (@FukaYomiEiga) | Twitter

スターウォーズ エピソード7 フォースの覚醒のネタバレ記事です。

未見の方はご注意ください。

なぜ、マズカナタはルークからあのライトセーバーを預かっていたのでしょう?

12/28追記あり

レイはマズカナタの城の地下から聞こえる「行かないで」という声に導かれ、

古ぼけた木箱の中からアナキンからルークへと受け継がれたあのライトセーバーを見つけます。 

 

彼女は劇中では後で話すと言い。フィンにセーバーを渡した後は登場しませんでした。

生死の程も定かではありません。

さすがはJJ監督。”気になる”伏線を作るのがうまいです。

 

パンフレットによるとマズカナタは

”タコダナに古い城を構える伝説の女海賊。長命で、フォースとの強い繋がりにより、危険を乗り越えてきた。”

とあります。

伝説の女海賊が伝説のライトセーバーを持っていたのですね。

ルークとマズカナタにはどのような繋がりがあったのか?

 彼女は1000年以上あの城でならず者たちの酒場を経営しているようです。

1000年以上というとエピソード6で死んだあのヨーダですら900歳ですんで、彼女からするとヨーダすらひよっこなわけです。

”フォースとの強い繋がり”とは気になる言い回しですね。

やはり、ジェダイ騎士団と密接な繋がりがあったということでしょうか?

ただ、ジェダイは銀河系の自由と正義の守護者ですから、ジェダイ騎士団が海賊と手を組んでいたというのは少し考えにくいですね。

組織としてのジェダイではなく、ヨーダ個人との密接な関係と考えた方がしっくりきますね。

ヨーダとの密接な関係があったと考えると、ルークとの繋がりが見えてきますね。

 

なぜ、ルークはライトセーバーを預けたのか?

 

ルークにとってあのライトセーバーは父から受け継いだものであり、次の世代へとまた受け継がせるものなわけです。

ちなみにあのモデルのセーバーレプリカはネットショップ等で軒並み売り切れ続出で、値段も高騰中です。

↑たぶんこれもすぐ売り切れるんじゃないかと思いますが、セーバーの画像を貼りたいので(笑)

エピソード7の公開でアナキンからルークへ受け継がれたセーバーが人気ですが、
個人的に予想されるのがエピソード8以降にダースベイダーのライトセーバーをカイロレン一派が持ち出してくるんじゃないかと予想しています。かなり熱い展開になりそうなので密かに期待しています。
↓これですね

 こちらはまだそこまで高騰していないので入手するなら今のうちかもしれませんw

 

脱線してしまいましたが、

カイロレンは終盤にてライトセーバーをふるうフィンに対して「それは自分のものだ」と言い放ちます。

カイロレンからするとあのライトセーバーは自分が受け継ぐはずのものだったということでしょう。

それが、なんらかの理由でルークから受け継がせてもらえなかった。

個人的にはその理由のせいでカイロレンはルークと袂を分かつようになったのだと予想をしています。

追記12/28

コメント欄で

”もともとはアナキンのライトセーバーなので、レンが「それは自分のものだ」と言うのは、ダースベーダーを意識してのことなのかなと思いました。”

とのご意見がありました。これ、ごもっともですね。

それ故にカイロレンがあのセーバーに対して固執している描写だったんだな。と思うとかなりしっくりくる感じがします。

ルークは失踪する前に、自分の居場所への地図を2つに分け、ライトセーバーをマズカナタに預けています。

その3つを揃えることに何かしらの意味があるということが考えられます。 

地図は自分のいる場所、すなわち最初のジェダイ寺院へと導くもの。

ライトセーバーの正当な継承者が最初のジェダイ寺院にライトセーバーを持っていくことに何か意味あるということでしょうか。。

 

最後に気になるのが、あの伝説のセーバーを使用した人物は右腕を切断されるジンクスがあります。危うし、レイの右腕!

↓↓もっとスターウォーズ考察を読む↓↓

スターウォーズ考察カテゴリへ

 

トップへ戻る

この記事の無断転載は禁止します。